知られざる機能を使いこなしてiPhoneをより便利に使おう!

充電について

人々がiPhoneを使う上で悩みがちなこととして、電池の持ちの不安があります。iPhoneはバッテリーで動いているため、充電をしなければ使うことが出来ません。しかし、前日に十分な充電をしていないとその日1日不安に駆られてしまうという人も少なくありません。また、モバイルバッテリーを持ち歩くというのも、荷物が増えるため避けたいと考える人も多いでしょう。では、もしも充電が少ないときにはどうすれば良いのでしょうか。

充電の消耗を少なくするためには、使用しているアプリを減らすことが肝心です。中でもバッテリー消費の多いアプリというのは確実に存在するため、自分のiPhoneの中で一番バッテリー消費量のアプリを探しておくと良いでしょう。こちらは設定からバッテリーの項目まで進み、「App毎のバッテリー使用状況」を確認してください。「アクティビティを表示」で使用時間も確認することが出来ます。

また、充電するときに関してですが、こちらは壁のコンセントから中継が多ければ多いほど電力が弱まってしまうと言われています。そのため、もしも急いで充電したいというときにはコンセントから直接充電をするようにしましょう。さらに、電波やBluetoothを拾っている状態では充電しにくくなるため機内モードにしておくのがおすすめです。